ポスター発表

ポスター発表・討論

ポスター発表一覧のダウンロードはこちらから(PDFファイル)

発表・討論の時間は、必ずご自身のポスター前に立ち、質問・討論に応じて下さい。それ以外の時間は自由討論とします。

9:00〜12:10貼付
12:10〜13:30自由討論
13:30〜14:00奇数番号 ポスター発表・討論
14:00〜14:30偶数番号 ポスター発表・討論
14:30〜16:20撤去
ポスター発表会場:総合研究棟 1階ホールP-01〜P-40
総合研究棟 2階ホールP-41〜P-69

印 : 優秀発表賞の選考対象者

P-01
G-CSF受容体を介したJAK2V617F変異体による細胞増殖誘導機構の解析
○城所 孝幸1、上田 史仁1、多胡 憲治2、多胡 めぐみ1、田村 悦臣1
1慶應義塾大学薬学部、2自治医科大学
P-02
5-Hydroxyoxindole誘導体による抗炎症作用機序の解析
○藤原 聖1、新野 智美1、安田 大輔1、高橋 恭子1、増野 匡彦1、多胡 憲治2、多胡 めぐみ1、田村 悦臣1
1慶應義塾大学薬学部、2自治医科大学
P-03
TNFαによるNF-κB 活性化に対するPTP1cの増強効果とその分子機構
○上田 雄亮1、多胡 めぐみ2、太田 聡1、松儀 実広1、柳澤 健1、多胡憲治1
1自治医科大学医学部、2慶應義塾大学薬学部
P-04
細胞増殖シグナルにおけるRasアイソフォームの使い分け
○大多和宏季1、齊藤博司1、太田聡1、多胡めぐみ2、松儀実広1、柳澤健1、多胡憲治1
1自治医科大学医学部、2慶應義塾大学薬学部
P-05
IL-33/ST2Lシグナルにおける転写因子IκBζの役割
○尾裕美1、早川盛禎1、鴨下信彦1、丸山貴司2、富永眞一1、大森 司1
1自治医科大学医学部生化学講座病態生化学部門、2秋田大学大学院医学系研究科医学専攻病態制御医学系生体防御学講座
P-06
TGF-βシグナル抑制分子欠損によって誘導される小腸腫瘍抑制機構の解明
○芝哲平1,佐野圭吾1,天野翔瑛1,遠藤優太郎1,小西愛1,伊東史子2,渡邊幸秀3,武藤誠4,加藤光保3,伊東進1
1昭和薬科大学薬学部,2東京薬科大学生命科学部,3筑波大学人間総合科学研究科,4京都大学医学研究科遺伝薬理学ユニット
P-07
BMP/non-Smad経路を介した軟骨分化誘導メカニズム
○小嶋彩夏、山本陽平、綾部佳穂、中野なおこ、伊東進
昭和薬科大学・生化学
P-08
TGF-β/SmadシグナルによるCYP1A1遺伝子発現抑制機構
○佐藤絵理香、深井駿成、後瀬大樹、葛 祐妃、淺利心、佐藤航、仲西盛史、中野なおこ、佐野圭吾、伊東 進
昭和薬科大学 生化学研究室
P-09
化学発がん誘導モデルマウスを用いたTGF-βシグナル抑制機構の解明
○澤田悠太郎1、佐野圭吾1、石川諒1、伊東真菜1、天野翔瑛1、大内舞美1、青木佑太郎1、比留間美帆1、小保方汐里1、伊東史子2、渡邊幸秀3、加藤光保3、伊東進1
1昭和薬科大学薬学部生化学研究室、2東京薬科大学生命科学部心血管医科学研究室、3筑波大学大学院人間総合科学研究科実験病理学研究室
P-10
TMEPAIファミリーによる中皮腫進展抑制メカニズム
○中原千絵、山浦瑞貴、宮里ゆり、佐野圭吾、中野なおこ、伊東進
昭和薬科大学・生化学
P-11
TGF-β刺激下で発現が誘導される転写共役因子による上皮間葉転換の亢進
○杉野 歩美1、平田 健介1、高倉 勇気1、岩澤 修斗1、岡田 和之1、竹洞 裕貴1、高野 博之2、山口 直人1、山口 憲孝1,2
1千葉大・院薬・分子細胞生物、2千葉大・院薬・分子心血管薬理学
P-12
Gpnmbによる肝臓の糖新生抑制機構の解明
○大串悠斗1、大野友美絵1、有村祐次郎1、新井理智1、合田亘人1
1早稲田大学大学院
P-13
The role of CD22 glycan cis-ligands in the regulation of B cell tonic signaling.
○Amin Alborzian Deh Sheikh1, Chizuru Akatsu1, Hideharu Ishida2 and Takeshi Tsubata1
1Department of Immunology, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University, 2Department of Applied Bio-organic Chemistry, Gifu University
P-14
Identification of metabolic pathways involved in murine primitive streak formation
○Jing Pu and Hiroshi Nishina
Department of Developmental and Regenerative Biology, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University
P-15
Role of NADPH oxidases in BCR signaling and B cell proliferation
○Yang-Yang Feng1, Miao Tang1, Mitsuhiro Suzuki1, Jun Liu2, Helmut Grasberger3, Mamoru Ohkita4, Yasuo Matsumura4, Ji-Yang Wang1,2 and Takeshi Tsubata1
1Department of Immunology, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University, 2Department of Immunology, School of Basic Medical Sciences, Fudan University, 3Department of Medicine, University of Michigan, 4Laboratory of Pathological and Molecular Pharmacology, Osaka University of Pharmaceutical Sciences
P-16
時計制御因子Bmal2欠損ゼブラフィッシュの作出と解析
○Alifu Yikelamu1、平山 順2、仁科 博史1
1東京医科歯科大学難治疾患研究所 発生再生生物学, 2公立小松大学保険医療学部
P-17
OL-5
哺乳動物培養細胞を用いた転写共役因子YAP誘導性細胞排除現象の解析
○石原えりか、仁科博史
東京医科歯科大学難治疾患研究所 発生再生生物学分野
P-18
OL-1
Pink Flamindo: a red fluorescent indicator for intracellular cAMP observations
○Kazuki Harada1, Motoki Ito2, Takashi Tsuboi1,2 and Tetsuya Kitaguchi3,4
1 Dept. Life Sci., Grad. Sch. Art. Sci., Univ. Tokyo, Tokyo, 2 Dept. Biol. Sci., Grad. Sch. Sci., Univ. Tokyo, Tokyo, 3 Cell Signaling Group, WABIOS, Singapore, 4 Comp. Res. Org., Waseda Univ., Tokyo, Japan
P-19
がん細胞のネクローシスとアポトーシスの細胞死制御機構
○佐藤 聡1, 高橋 祐衣1, 下間 彰1, 田沼 靖一2, 金 惠淑3, 綿矢 有佑3
1東京理科大学 薬学部 生化学研究室, 2東京理科大学 研究推進機構 総合研究院, 3岡山大学大学院医歯薬総合研究科
P-20
妊娠高血圧が胎仔肝臓の遺伝子発現に与える影響
○中島実咲1、金俊達2、陸偉哲3、石田純治2、深水昭吉2
1筑波大学 生命環境科学研究科、2筑波大学 生存ダイナミクス研究センター、3筑波大学 博士課程ヒューマンバイオロジー学位プログラム
P-21
カルシウムシグナル阻害による妊娠高血圧マウスの病態改善効果の検討
○霍思全1、石田純治2、室町直人1、謝玉瑩3、中島実咲3、深水昭吉1, 2, 3
1筑波大学 生物資源学類 応用生命化学コース、2筑波大学 生存ダイナミクス研究(TARA)センター、3筑波大学 生命環境科学研究科 生物資源科学専攻
P-22
α1A-アドレナリン受容体の欠損は、妊娠高血圧における心肥大を増悪させる
○権 哲源1、石田 純治2、深水 昭吉1,2
筑波大学大学院 1生命環境科学研究科 2生存ダイナミクス研究センター
P-23
Physiological role of LRRK2 in lamellar body homeostasis
○Miho Araki1, Sho Takatori1, Genta Ito2, Taisuke Tomita1,2
1Laboratory of Neuropathology and Neuroscience, 2Laboratory of Brain and Neurological Disorders, Graduated School of Pharmaceutical Science, The University of Tokyo
P-24
光酸素化触媒によるタウの酸素化は凝集を抑制する
○鈴木崇允1、堀由起子1、澤崎鷹2、根本侑1、小澤柊太1、相馬洋平2、金井求2、富田泰輔1
1東大院・薬・機能病態学、2東大院・薬・有機合成化学
P-25
OL-6
アストロサイト由来Aβ分解酵素Kallikrein-related peptidase 7の発現制御機構の解析
○須藤優喜1、木棚究1、建部卓也2、堀由起子1、高鳥翔1、富田泰輔1
1東京大学大学院 薬学系研究科 機能病態学教室、2帝京平成大学 薬学部 薬学科
P-26
アルギニンメチル化酵素PRMT1によるアストロサイト発達制御機構の解明
○橋本 美涼1、陸 偉哲2、石田 純治3、村田 知弥4、中川 寅1、深水 昭吉2,3
1岐阜大学応用生物科学部、2筑波大学ヒューマンバイオロジー学位プログラム、3筑波大学生存ダイナミクス研究センター、4関西学院大学理工学部生命医化学科
P-27
ネオニコチノイド系薬剤のマウス経口投与によるゲノムDNAのメチル化の変化および脳内遺伝子の発現変動
○和賀央子1、清水仁美1、横森将輝1、大沼一富2,3、内野茂夫1
1.帝京大学理工学部バイオサイエンス学科、2.三井化学アグロ株式会社研究開発本部、3.順天堂大学医学部
P-28
タウ細胞間伝播培養細胞モデルの構築
○根本 侑1、堀 由起子1、富田 泰輔1
1東大院・薬・機能病態学教室 
P-29
ジアシルグリセロールキナーゼδの欠損はセロトニン神経系の機能低下を惹起する
○陸 強1、米野井 優1、高橋 大輔1、坂根 郁夫1
1千葉大学大学院 融合理工学府
P-30
Host CD36, Delivered from Platelets via Exosome, is the key Receptor for Plasmodium Growth
○小松谷 啓介1,2、磯尾 直之3、徳舛 富由樹4、原 眞澄3、北 潔5
1東京都医学総合研究所細胞膜、2東京大学大学院医学系研究科生物医化学教室、3帝京大学附属溝口病院第四内科、4東京大学大学院医学系研究科リピドミクス社会連携講座、5長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科、熱帯学研究所
P-31
コラーゲンの糖とビトロネクチンの結合性の線維形成における影響と生物学的意義
○辻岳美央1、小川温子1、伊達公恵2、山崎茜3
お茶の水女子大学 1大学院人間文化創成科学研究科、2ヒューマンライフイノベーション研究所、3理学部化学科
P-32
スギヒラタケケ由来の新規レクチンPPL2とPPL3の精製と生物学的意義
○芹澤 里佳1, 大津 萌子1, 藤本 香奈1, 深沢 英乃2, 伊達 公恵3, 坂上 ひろみ1,2, 小川 温子2,3,4
お茶の水女子大学 1理学部化学科, 2院 理学専攻, 3ヒューマンライフイノベーション研究所, 4基幹研究院自然科学系
P-33
OL-4
NMR分光法によるコアフコース認識レクチンPhoSLの三量体溶液構造とフコース認識機構
○山崎 和彦1、山崎 智子1、舘野 浩章2
産業技術総合研究所 1バイオメディカル研究部門、2創薬基盤研究部門
P-34
ラットガレクチン-2の弱酸性条件における糖鎖結合特性の解析
○齋藤佳那1、田村真由美1、佐々木啓晴1、武内智春1、荒田洋一郎2、畑中朋美1
1城西大学、2帝京大学
P-35
マウスマクロファージ様細胞株RAW264細胞のRANKL依存的な破骨細胞様細胞への分化がO-GlcNAcase特異的阻害剤Thiamet Gにより抑制される
○高橋果歩、武内智春、田村真由美、荒田洋一郎、畑中朋美
城西大学薬学部
P-36
ガレクチン-1とガレクチン-3の熱安定性の比較
○中村沙綾1、田村真由美1、佐々木啓晴1、武内智春1、荒田洋一郎2、畑中朋美1
1城西大学、2帝京大学
P-37
FDLA誘導体化-LC/MS/MS法を用いたHEK293細胞中D,L-アミノ酸分析
○高野 友輔, 滝島 裕貴, 堺谷 晋太郎, 小林 正樹, 新津 勝, 古地 壯光
城西大薬
P-38
FDLA誘導体化LC/MS/MS法を用いたヨーグルト中のD, L-アミノ酸分析
○西 昂介, 高野 友輔, 滝島 裕貴, 堺谷 晋太郎, 小林 正樹, 新津 勝, 古地 壯光
城西大薬
P-39
プロテインノックダウン法を利用したYAPシグナル阻害剤の開発
○石川遼1、河本理恵1、福田和男2、正田卓司3、服部隆行4、栗原正明3、内藤幹彦4、山崎龍2、岡本巌2、中野なおこ1、伊東進1
1昭和薬科大学・生化学、2昭和薬科大学・薬品化学、3国立医薬品食品衛生研究所・有機化学部、4国立医薬品食品衛生研究所・遺伝子医薬部
P-40
Analysis of Transcription and Translation by RNA-seq and Ribo-seq in Cardiac PRMT1-Deficient Mice
○Weizhe Lu1, Kazuya Murata2, Mizukami Hayase3, Jun-dal Kim2, Junji Ishida2, Akiyoshi Fukamizu1,2
1 Ph.D. Program in Human Biology, School of Integrative Global Majors (SIGMA), 2 Life Science Center for Survival Dynamics, Tsukuba Advanced Research Alliance, 3 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba
P-41
Photochromic inhibitor of kinesin Eg5 which forms three isomerization states
○Islam MD Alrazi, Kei Sadakane and Shinsaku Maruta
Department of Bioinformatics, Graduate School of Engineering, Soka University
P-42
Photo-control of Small GTPase Ras Using Novel Photochromic Peptide Inhibitor
○Nobuyuki Nishibe1, Kenichi Taii1, Masahiro Kuboyama1, Toshio Nagashima2, Toshio Yamazaki2, Shinsaku Maruta1
1Department of Bioinformatics, Graduate School of Engineering, Soka University 2Center for Life Science Technologies, RIKEN Yokohama
P-43
Photo-regulation of Small GTPase Ras Using Peptide Modified with Azobenzene
○Masahiro Kuboyama1, Nobuyuki Nishibe1, Taii Kenichi1, Kondo Kazunori2, Shinsaku Maruta1
1Soka University Graduate School of Engineering, Department of Bioinformatics., 2Soka University, Department of Symbiotic Creation Science and Engineering.
P-44
Photochromic inhibitor of kinesin Eg5 composed of two spiropyran derivatives
○Kenichi Taii1, Kei Sadakane1, Islam M.D. Alrazi1, Shinsaku Maruta1
1Department of Bioinformatics, Graduate School of Engineering, Soka University, Hachioji
P-45
Identification of morelloflavone as novel inhibitor of mitotic kinesin Eg5
○TOMISIN HAPPY OGUNWA1, KEI SADAKANE2, KENICHI TAII2, TAKAYUKI MIYANISHI1, SHINSAKU MARUTA2
1Graduate School of Fisheries Science and Environmental Studies, Nagasaki University, 2Department of Bioinformatics, Graduate School of Engineering, Soka University
P-46
分子状酸素を可視化する酸素センサータンパク質の開発
○野亦次郎、久堀徹
東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所
P-47
ATP合成酵素εサブユニットの機能の多様性
○稲辺 宏輔1,2,若林 憲一1,2,久堀 徹1,2
1東京工業大学 生命理工学院,2東京工業大学 化学生命科学研究所
P-48
葉緑体型チオレドキシンによる標的認識機構とチオレドキシン様タンパク質の新奇標的探索
○横地 佑一1,2,若林 憲一1,2,久堀 徹1,2
1東京工業大学 生命理工学院,2東京工業大学 化学生命科学研究所
P-49
Vif - CBFβ - CUL5 - ELOB - ELOC複合体に対するアプタマーの取得と解析
○鈴木 拓也1,万 里2,関川 湧斗1,田中 陽一郎3,神庭 圭介2,片平 正人2,永田 崇2,坂本 泰一1
1千葉工業大学,2京都大学,3横浜国立大学
P-50
スプライシング因子の複合体に結合するaptamerの結合能の解析
○佐藤謙太郎1,柳澤拓也1,瀧澤将行2,天野亮1,武藤裕2,桑迫香奈子2,坂本泰一1
1千葉工業大学,2武蔵野大学
P-51
ラット肝臓のミトコンドリアシャペロンタンパク質HSP70発現量の加齢変化
○盒供[漂函大寺 恵子、紙田 正博
東邦大学薬学部生化学教室
P-52
二価イオンが安定化するα-helical coiled-coil構造
○野亦 裕太1, 結城 翼2, 中山 典久2, 飯田 良3, 三友 秀之4, 居城 邦治4, 長田 義仁5, 佐野 健一1,2
1日本工業大学, 2日本工業大学大学院, 3北海道大学大学院, 4北海道大学電子科学研究所, 5理化学研究所
P-53
OL-2
膵リパーゼを修飾する糖鎖は分子の熱安定性に寄与する
○川口 奈奈美1,富田千尋1,楢館 里奈1, 小川 温子2
1お茶大・院・人間文化・理学,2お茶大・基幹研究院・自然科学系
P-54
ウシ膵臓キモトリプシンとキモトリプシノーゲンの糖鎖結合性とその生物学的意義
○石塚 陽奈子1、伊奈 智恵子2、竹川 寛子2、伊達 公恵3、小川 温子2,3,4
お茶の水女子大学 1理学部 化学科、2大学院理学専攻、3ヒューマンライフイノベーション研究所、4基幹研究院自然科学系
P-55
鉄硫黄クラスターの生合成に関与するIscUとSufUの機能分化
○横山 奈央、田中 尚志、藤城 貴史、高橋 康弘
埼玉大学大学院 理工学研究科 分子生物学コース
P-56
新規蛍光基質を用いてのデオキシハイプシン合成酵素活性測定法の開発
○安藤千夏1, 下田郁菜1, 菅野綾香1, 沼尻幸彦1, 小林正樹1, 五十嵐一衛2, 白幡 晶1, 新津 勝1, 古地壯光1
1城西大薬, 2アミンファーマ研
P-57
OL-7
PRMT1スプライスバリアント欠損がマウス個体の代謝に与える影響
○水上早瀬1, 金 俊逹2, 陸 偉哲3, 横山 航1, 中島実咲1, 石田純治2 , 深水昭吉2
筑波大学 1生命環境科学研究科、2生存ダイナミクス研究センター (TARAセンター)、3グローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラム
P-58
大腸菌における炭素と硫黄代謝の協調的な制御機構の解析
○田中尚志1、齋藤聡司2、尾由佳梨2、阿部哲也3、大津厳生1
1筑波大学 国際産学連携本部高細精医療イノベーション研究コア、2協和発酵バイオ株式会社 生産技術研究所 3協和発酵バイオ株式会社 R&BD部
P-59
HIF-1αとMCM2-7との相互作用 - オートファジーとの関係
宮本優眞、山崎美穂、○石見幸男
茨城大学理学部
P-60
マスト細胞においてGATA1はトリプターゼ遺伝子座におけるCTCFとコヒーシンの結合を制御する
○大森慎也, 干川さつき, 大根田絹子
高崎健康福祉大学 薬学部
P-61
KDM2AによるリボソームRNA転写抑制にはHP1の相互作用が必要である
○岡本 健吾, 田中 祐司, 常岡 誠
高崎健康福祉大・薬
P-62
OL-3
ゼブラフィッシュ由来のLINEのRNAの構造と逆転写酵素による認識方法
○大津舞菜,河合剛太
千葉工業大学大学院 工学専攻
P-63
1コドンに2種類のアミノ酸が割り当てられる遺伝暗号表の構築と特性
榎本 利彦1, 鮎川 翔太郎1, ○木賀 大介1
1早稲田大学 先進理工学研究科 電気・情報生命専攻
P-64
メチル化ヌクレオシドデータベース(MNSDB)の構築
○中原大輔1、加香孝一郎2、野村直人1、深水昭吉3
1筑波大学生命環境科学研究科、2生命環境系、3生存ダイナミクス研究センター
P-65
線虫 C. elegansにおける開始メチオニンtRNA m1A58修飾が寿命に及ぼす影響
○宮田 真衣1、大徳 浩照2、角 直亮1、横山 航1、廣田 恵子3、深水 昭吉4
1. 筑波大学 生命環境科学研究科, 2. 筑波大学 生命環境, 3. 東京女子医科大学 医学部 衛生学公衆衛生学(ー)講座, 4. 筑波大学 生存ダイナミクス研究センター
P-66
放線菌株へのプラスミド導入時に発現量が変動する遺伝子の解析
○木村 優斗1, 廣瀬 修一2, 根本 航1,3
1東京電機大学大学院 理工学研究科,  2長瀬産業株式会社 ナガセR&Dセンター、3東京電機大学 理工学部
P-67
TPA処理によるHL-60細胞分化誘導に伴ったヒトE2F4 遺伝子発現の増大
○濱田 裕司1, 内海 文彰1,2
1東理大院・薬・遺伝子制御学, 2東理大・薬・遺伝子制御学
P-68
NAD+代謝関連化合物によるDNA修復関連遺伝子プロモーター活性の制御
○織野 かおり、山野 亜美、内海 文彰
東理大・薬・遺伝子制御学
P-69
ポリ (ADP-リボース) の集積を誘導する抗がん剤候補化合物MO2455の細胞死誘導機序の解析
○佐々木由香1,2、小野寺貴恵1,2、小泉史明3、松野研司4、高村岳樹5、下山 達3、井上謙吾6、益谷美都子1,2
1国がん研究セ・研・細胞情報学・連携研究室, 2 長崎大院・医歯薬・フロンティア生命科学, 3都立駒込病院・臨床研究支援室, 4 工学院大・先進工学部, 5 神奈川工科大・工学部, 6 静岡県産業振興財団ファルマバレーセンター